Venzaitenシステム

通貨ペアの相関関係でトレードチャンスに乗る

こんにちは!peachです♪ 

今日はいつものテクニカルから離れて、また違ったトレード方法を見ていきましょう。
凄くシンプルだけど「ここ!」というチャンスに乗って利益が得られるトレードです。

それでは今日のチャートを見ながら解説していきます。

ポンド円をトレードする時には

ドル円とポンドドルのチャートを一緒に出しておきます。
この相関関係は、
ドル円が上がってポンドドルも上がったらポンド円も上げていきます。
ドル円が上がってポンドドルが下がったらポンド円は動きにくくなります。

それから
ドル円が強く動いてポンドドルは動きが弱かったらポンド円はドル円に引っ張られて動きます。
ポンドドルが強く動いてドル円は動きが弱かったらポンド円はポンドドルに引っ張られて動きます。

上記の関係からポンド円でのチャンス場面は
・ドル円とポンドドルが同方向に動いた時
・ドル円かポンドドルが強く動いたけれど他方が動かない時

これを頭に入れておいて、チャートに動きが出た時に乗っていけば
短時間で大きな利益が得られるシンプルなトレードが出来るようになります。

 

それでは今日の場面を見ていきます。

最初に超短期の方向をを見ていきます。
ドル円は超短期が下方向
ポンドドルは超短期が上方向
ドル円とポンドドルの方向が逆の場合、ポンド円でのトレードはやりにくいと考えてください。
そしてポンド円は超短期が下方向

次に動きが出たところを見ていきます
チャート上で縦の赤ラインの足を見てください。
10時15分の足ですが、ドル円は上げてきましたがさほど強い動きではありませんでした。
それに対してポンドドルは強く下げていく動きでした。

上記の条件を見返してください。
ポンドドルに強い動きが出た、しかしドル円は動かない。
という事はポンドドルの下げについてポンド円も下げるはずです。

更にポンド円単体で見ても146.550辺りで上げ止まりから切り返してきている動きになっていました。
わたしはここで売っていきました、

エントリーの次の足で強い陰線が出て下のMODEまで一気に下げましたね。

この時ドル円も強い下げになって、3通貨ペア全てが下落になっていました。

今日の様に
ポンド円のポイント(エントリー)まで遠くてエントリーに使えない時なんかは
通貨ペアの相関関係を利用してチャンスに乗るトレードを使ってみても良いと思います。

本日のトレード

ポンド円
146.433ショート
146.085決済

損益 +34.8ピップス

毎日 ライブトレード で私たちのトレードをリアルタイムで書き込みしています。

Live Trade掲示板では トレーダーさんの書き込みも自由参加です。
一人でトレードするより仲間と一緒なら楽しいこと請け合いです。

私達と一緒に楽しくトレードしていきましょう。
参加ご希望は お問い合わせ よりお申込みください。

 

クリックいただければ記事を書く励みになります。
ご協力をお願いいたします。


日経225先物ランキング

 

 

 

関連記事

  1. ドル円の直近相場
  2. 難しい日のトレード これが読めたらもう怖くない
  3. 【弁財天トレードFX】10月の成績
  4. 保護中: トレードに入る前の準備・・・レッスンその1b
  5. 【弁財天FX】ご質問へのお答え ボリンジャーバンド
  6. 【弁財天トレード】8月の成績
  7. 急騰後のトレード 【テクニカル講座 動画】
  8. トレード成績&解説 2017.10.18

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

225先物プロトレーダー養成講座

225先物プロトレーダー養成講座

弁財天テクニカル・セミナー

弁財天テクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP