テクニカル講座

FXの近道! 3ステップ・トレードから始めよう

こんにちは!peachです♪

昨日レモンちゃんも記事で書いてましたが弁財天FXのブログ、3rdシーズンもそろそろ終わりなのでここでもう一度原点に振りかえって弁財天トレードの基本をわたしも解説していきます。

 

3ステップのトレード

弁財天トレードは順番に3つのステップでトレードしていきます。システム的だから一般のテクニカルと比べて初心者の方にも優しいトレードです。

それでいて成果がしっかりと出せるのは独自の方向を見るテクニカルとオリジナルMODEの確実性からくるものなんです。

ステップ1

波を書いて行って方向転換した場所や今の方向を掴みます。

ステップ2

価格が今居る位置の状況を判断します。過去の下落や上昇波、直近の波から情報を得るのです。そしてここは売りか買いかを決めて行きます。

ステップ3

トレード方向が決まったらサポレジMODEのポイントでエントリー、決済を行います。

 

それではここ数日のチャートを見ながら実際にトレードするポイントを見て行きますね。

ポンド円で14日15日18日の3日間のトレードです。この3日間は日足、4時間足はずっと上方向で推移していました。長い足が上昇の中に居るもの先ずは頭に入れておきます。

チャートは1時間足ですが13日の下落で1時間以下の足が下方向転換してきました。

そして翌日14日のトレードなんですが、建てるシナリオは

 

最初に15分足が上方向へ転換してきました。

● 先ずは15分足で押し目買い③のサポードMODEでエントリー。1時間の戻り売りMODE①からは売りが入ってくるので狙いはそこまでになります。

 

次に1時間の戻り売りでトレードします。

● 長い足の押し目を頭に入れておいて、そこまでは短い足で売って行きたい

● 戻り売りのポイントは前日の下落波の深いところのMODEを使う①のMODE

実際には①のMODEから売りトレードです。そして利食いは押し目が入ってくる最も深い④のMODEまで狙いたいところですが手前に③の買い上げてきたMODEがあるのでそこでの決済が無難です。これは2日後の18日まで持つ事になりますが。

 

翌日15日はまだ確実に抜けてない①MODEでの何度も抵抗を確認して再び売りトレード。やはり狙いは③のMODEまで。

 

次の18日は前日に15分足が下方向転換してきたので②のMODEで戻り売りトレード。ここでね狙いは押し目が入りやすい③MODEまで。

 

そしてここでようやく④のMODEまで来たのでここから押し目買いトレード。狙いは②の売りこんできたMODEまで。

3step-trade

以上が弁財天の3ステップによるトレードになります。

ここでは一番基本の押し目買い、戻り売りだけを解説しました。これ以外にも逆張り、ブレイク、天底トレードとまだまだ有るのですが、最初に基本トレードを押さえて少しづつステップアップしてもらったらスムーズにトレード成果に繋がって行くと思います。

一気にあれもこれもだといきなり多くを望みすぎては結局身に着かないことになります。それよりも一つの手法を会得して先ずはそれだけでも利益を得られれば自信も出て来てまた次へと進めますから。

楽しく勉強しながらトレードしていきましょうね。

 

FXトレード動画

オレンジさんが昨日のトレードを動画で解説されてますのでご覧くださいね。

是非参考にされてくださいね。

↓ こちらから

movie 

もし、今回の記事とか動画が少しでもあなたのお役に立てたのであれば

下のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願い申し上げます。 ぺこり 

FX初心者アドバイスで1位に上がりました。皆さまのご協力に感謝です。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

 

 

 

関連記事

  1. これでスッキリ!!FXのポイント解説
  2. トレードは入り口より出口!
  3. 3種類のエントリー方法。これですっきり!!
  4. 保護中: トレードに入る前の準備・・・レッスンその3b
  5. 【重要】過去の強いMODEを見逃すな!!
  6. これぞ高勝率ポイント! 初心者のうちはこれだけ!
  7. 【弁財天トレード】9月の成績
  8. トレード成績&解説 2017.11.09

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

225先物プロトレーダー養成講座

225先物プロトレーダー養成講座

弁財天テクニカル・セミナー

弁財天テクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

  1. 2016年の相場

PAGE TOP