トレードの考え方

やっていませんか?こんな負けトレード 【パート2】

オレンジです。

先週14日より日本を離れインドネシアに来ております。この後1週間後には仕事でシンガポールへ移動予定です。

環境が変わるとその都度パソコンの設定などで時間を取られ、そんな中で途上国のインフラ環境がお粗末なのが常に付きまといます。

昨日は昼前から突然ネットが止まってしまい今もとぎれとぎれの状態です。少しでも繋がってる間に記事を書こうとしています。まあ凄い環境の日本と違ってこんな国は大変ですわ(笑)

bali1

 

読者の方から沢山ご質問も入って来てるのですが、スタッフ3人とも次のステップに向けて準備が大忙しで、そこへ加えて僕がこんな環境もあって中々返事が返せない状況です。

大変申し訳ございません。時間が掛っても必ず返答致しますのでよろしくお願い致します。

 

今日はその中で1つだけこの記事で書いてお答えしていきます。あくまでも僕の考え方として。

この方は1分足中心ののトレードをやっておられて、ロスカット3~7pips、利食い5~7pipsという超スキャルのスタイルだそうです。

これで勝ててれば問題ないのでしょうが、結果が伴わないから質問された様です。

 

なるほど気持ちの良い理想的なトレードスタイルですね。

一見ロスカットも少ないし心理的には負担ないと見えます。

利食いも5~7pipsであれば少しの時間で(ひと伸び)決済できるので気持ちも楽です。

そしてリスクリワードを考えてもまあ1:2が取れてるようで良いですね。

このスタイルで1日に何度もトレードして利益を重ねれば理想的なスタイルですね。

 

...ただ現実味があるのか?が僕には分からないスタイルです。

まあ余程のポイント見る力と瞬発の注文操作が有る人なら可能なんでしょうか?

 

ここで良く考えたいのは、凄く気持ちの良い心理的に負担の無いトレードだと言う事です。

しかしです。それは非常に良い事なんだけど、それだけでこのスタイルを選んでいるのかもしれませんね。

相場は自分のスタイルに合わせて動いてくれません。自分の都合に合わせて動いてくれません。

成果を上げるのが目的でトレードする訳ですから、その為には相場に合わせたトレードをしないといけない。この最も大事な大前提がこのトレード・スタイルには欠けているように思えるのです。

 

相場は常に多少のブレを伴って動いてますから3~5pipsのロスカットなんてのはやたらと引っかかる率が多いんです。そんな相場で極小のロスにも引っかからないピンポイントでのトレードをしようとするのですからこれはもう神のトレードです。

紙上での理想スタイルをそれでも目指すのは自由ですが、およそ勝ち続けているプロはそんな難しいトレードをやってはいません。

少なくとも僕の知るトレーダーでは一人も居ませんね。

 

先ずこのスタイルが極難関なトレードだと言う事を分かってください。

確かに気持ちの良いトレードではあるけれども、相当な勝率が無ければ勝てない所謂ロスカット貧乏になるスタイルです。

理想のトレード・スタイルと勝つトレード・スタイルは違うのです。

あくまでも僕の考えです。よろしくお願い致します。

 

FXトレード動画

一昨日(19日)のトレードを動画で解説していますので覧ください。

↓ こちらから

movie 

もし、今回の記事とか動画が少しでもあなたのお役に立てたのであれば

下のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願い申し上げます。 ぺこり  

FX初心者アドバイスで1位に上がりました。皆さまのご協力に感謝です。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

 

 

 

関連記事

  1. 相場に聖杯は存在するのか?
  2. トレーダーを苦しめる間違いだらけのFX 【パート2】
  3. トレーダーを苦しめる間違いだらけのFX 【パート3】
  4. 外せないシナリオ作りの手順はたった3つ
  5. トレードで勝つために本当に見るべきものは?
  6. FX 負けるトレードを徹底的に排除する
  7. ビシッとMODEでスキャルピング
  8. Fxトレードのルール作りを学ぶ 【パート4】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

225先物プロトレーダー養成講座

225先物プロトレーダー養成講座

弁財天テクニカル・セミナー

弁財天テクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP