テクニカル講座

誰も書かなかったFX、本物のテクニカル 【パート2】

こんにちは!peachです♪

 

乗りたい場面、怪我をする場面

前回の記事で冒頭にも書きました。マーケットの場面にはぜひ乗っていきたいところや、ここは無理に乗ると怪我する確率が高いところがあるのです。

そんな場面を判断する為には先ずはトレンド方向を知る事が必要だとも書きましたよね。

 

足の方向が揃った時

ここまで聞いてこんな風に考えられる方もおられるのでは?

長い足と短い足の方向が揃ってる時がぜひ乗っていきたい場面であって、逆に方向が喧嘩している時は怪我をしやすい場面ではないの?と。

いいえ違います。

本当にトレードしている方なら、そんな単純なもんではないとお分かりですよね。

何故なら全ての足の方向が揃ってる時なんて、そんなに多くないしそんな状況を待っていたらいつトレード出来るのか分からないくらい気の遠い話になってしまいます。

わたし達は滅多に来ないような場面を待ってのトレードはしません。一日の中でトレードを完結するスタイルを提供しているのです。

読者の方々から毎日沢山メールをいただきます。どこかの本やサイトで読んだ足の方向が揃った時がチャンスだというものを信用してトレードしたのに全然勝てないわというメールです。これが結果を物語ってるのだと思います。 

では

・乗っていきたいチャンスの場面とは?

・無理に乗ると怪我をする確率が高い場面とは?

足の方向をもう少し詳細に考えていきます。

長期足と短期足の方向が揃っている、違ってる(喧嘩している)という単純なものじゃなくて、波の動きからそれぞれ方向のぶつかる場所を見ていくのです。

 

場面で判断していく

この話はいろんな場面が有りますから、一回の記事では説明しきれないので今日はその中の一場面の解説です。

この図を見てもらったら分かりやすいと思います。

長期足は(赤色)下方向トレンド。上げの調整が入ってきて戻り売りのMODEまで来たところ(赤丸)。

この調整の波で短期足は上方向トレンドです。つまり足の方向が喧嘩している状況です。

さて赤丸のこのポイントは長期の戻り売りMODEだから高い確率で反発があるので、売っていきたい場面です。

次に下げてきて短期足の押し目買いが入るところ(緑丸)ここも確かに反発しやすいのですが、少し上げたところからが厄介な場面になります。

長期の売り勢力と短期の買い勢力がぶつかり合って戦いをする場面になるのです。

戦いになる所であえてトレードする事はギャンブルになってしまいます。だって戦いの結果はどちらが勝つのか誰にも分からないのですから。

 

相場は大きな足が必ず勝つとは限らないですよね。短期足が勝って大きな足を方向転換させてくることも有るのですから。

だからこんな場面でのトレードは怪我をしやすい事になるのです。

real-technical4

 

一方方向の力が入りやすい場所が理解できれば、そこは乗って行けます。

売りと買いの力がぶつかる場所が分かれば、そこは乗らないで静観するのが良いと分かります。

トレードで成果を上げるのは、乗る所と乗っては危険な所のメリハリをつける事です。

今まで知らずにトレードしていて何故か勝てない理由が分からないという人は、こんな場面を読む力を身につけてくださいね。

 

 

オレンジさんが昨日のトレードを動画で解説されてますのでご覧くださいね。

↓ こちらから

movie 

もし、今回の記事とか動画が少しでもあなたのお役に立てたのであれば

下のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願い申し上げます。 ぺこり 

FX初心者アドバイスで1位に上がりました。皆さまのご協力に感謝です。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ

にほんブログ村

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 保護中: トレードにユーロ円を選んだ訳b
  2. 指標トレード・ソフトPa!くん
  3. FXで軽快なトレードするのに3つの確率を知る【パート2】
  4. FXで利益を上げられるスキャルはこれ!
  5. FXは波とMODEで簡単に勝つ・・・これが弁財天トレード
  6. 【弁財天トレード】11月の成績
  7. 全方向一致の状況 買いのタイミングを図る 【テクニカル講座 動画…
  8. 保護中: 上位足が影響している場面でのトレード b

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

225先物プロトレーダー養成講座

225先物プロトレーダー養成講座

弁財天テクニカル・セミナー

弁財天テクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP