テクニカル講座

弁財天スキャルピング

こんにちは!peachです♪

 

このままシンガポールに居ついてしまって、またまた年末を海外で迎えそうです ♪

 

その人に合ったトレードスタイル

今日はいつものデイトレードから少し視線を変えて弁財天式スキャルピングを解説しています。

オレンジさんがいつも言っておられることは、人によって好みや性格が違うので、一つの手法を押し付けてもダメだという事です。

本当にその通りです。わたしがトレード習った頃もやっぱりわたしの性格、ペースに合わせて好みのタイムスパンでのトレードを会得するように導かれました。

いくら勝てるからと言ってもその人にとって心地よくないスタイルはどこかでつまずきます。

一番大切なことはその人の心地よく感じられるスタイルでのトレードを身につけることです。

 

テクニカルは同じです

スタイルが違っても弁財天テクニカルを変えることはありません。

考え方はスキャルからスゥイングまで全て同じです。また相場が変わっても同じです。

株式でも日経225でもFXでも弁財天テクニカルは同じです。

 

弁財天式スキャルピング

スキャルピングが好きな方も居られますよね。

わたしの場合はどちらかというとスキャルより少しだけ長いスパンでのトレードが好きなのですが。

今日は昨日の相場を見ていきながら弁財天式スキャルピングのポイントをお話しします。

ポンド円のチャートですが最初に1時間を見てください。

この間のトレードを見ていきますね。

細かい利食いの話まですると、解説が複雑になってしまうので今回はあえてエントリーに絞ってだけお話しします。

その方がポイントが良くわかると思いますので。

12.11a

それではこの期間を15分足で見ていきます。

① 1時間足下方向からのMODEで戻り売り。

ここは転換MODEを使う一番の弁財天基本スタイルです。

② 15分足転換MODEでの押し目買い。

最初に迎えた転換MODEを利用しています。

③ ここは15分足下方向転換を受けて、同じく転換MODEで戻り売り。

④ ①と同様に再び1時間足での戻り売りポイント

⑤ 今度は15分足上方向転換からの押し目買い

⑥ ここも同様にまだ押し目買い(スキャルピングだから利食いの後は再度)

⑦ 15分足下方向転換を受けて、転換MODEでの戻り売り。

⑧ ②のポイントで再び押し目買い

12.11b弁財天式スキャルピングのポイントでした。

8回のスキャルピングで約150ピップスほど獲得できたと思います。

今回は利食いの考え方は省きましたが、それはその位置の状況を読んでどこまで狙えるのかももちろん弁財天テクニカルははっきりと答えを出していきます。

 

セミナー生の方はこの解説もお分かりと思いますが、長くサイトを熟読されてる方にもきっと理解いただけるポイントだと思います。

 

そして最後に一番大切なことです。

世に溢れているシステムは過去の相場だけに最適化しただけの、生の相場に通用しないシステムです。

これを私たちは「自分勝手システム」と呼んでいます。

こんなシステムを使って居られるのは95%の負け組の人達です。

ごめんなさい。システム作っておられる方は気を悪くされないでくださいね。

相場は生で動いています。勝つためには何より相場の動きに合わせた手法が絶対条件です。

弁財天テクニカルは動かし手の意思に沿ったトレードをやっていきます。

セミナー生を5%の勝ち組に育てているのがわたし達の誇りです ♪

 

皆さま良い週末をお過ごしください。

 

FXトレード動画

こちらは弁財天テクニカルでのトレードを動画で解説しています。

是非参考にされてください。

↓ こちらから

movie 

もし、今回の記事とか動画が少しでもあなたのお役に立てたのであれば

下のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願い申し上げます。 ぺこり 

FX初心者アドバイスで1位に上がりました。皆さまのご協力に感謝です。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村 

 

関連記事

  1. 保護中: トレードに入る前の準備・・・レッスンその3b
  2. 後一歩の壁を破りたい!【テクニカル講座 動画】
  3. トレードの持つ可能性
  4. これが天底トレードの真髄!!【パート16】
  5. トレード成績&解説 2017.10.24
  6. プロトレーダーも納得!初心者こそもっとトレードを簡単に!!
  7. セミナー生用の解説動画を特別一般配布します
  8. トレードに入る前の準備・・・レッスンその2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

225先物プロトレーダー養成講座

225先物プロトレーダー養成講座

弁財天テクニカル・セミナー

弁財天テクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP