これが天底トレードの神髄

これが天底トレードの真髄!!【パート10】

こんにちは!peachです♪

指標トレードPa!くんを発表して以来、記事もずっとその関連が続いていましたが、今日は久しぶりに弁財天テクニカル・トレードのお話です。

わたしが書くのも久しぶりだし。

そしてこれまた久しぶりの「天底トレード・シリーズ」です。このシリーズ過去の記事はこちらです。

 

天底を狙うポイント

① 天底トレードはしっかりとテクニカルを見て大きな流れからポイントを探るのが絶対条件です。

きっちり捕えたら大きな利益が望めるので理想のトレードてすよね。

② 大きな流れからポイントを見つけたら、次に方向を確認。

そのポイントでのエントリーが逆張りになるのか、順張りになるのかを現在の方向から判断します。

③ 逆張りのトレードの場合は、エントリー後の動きに注意を払いながら、最終の(直近の)波の範囲内で狙っていくのが安全です。

④ 大きな押し目や戻りのポイントでエントリーする順張りの場合は、更に高値安値を更新するところまで狙っていきます。

このように大きな4つのポイントを押さえてトレードしていくのが、天底トレードま基本です。

 

昨日の天底トレード解説

それではわたしがトレードした昨日のポンド円を解説していきます。

最初は朝からの上昇で最初の小さなトップを勢いよく上抜けたところで買いエントリー。ここはブレイクに乗っていくトレードです。

予めブレイクに構えていて上手くタイミング合わせれば25から30ピップは取れた場面でした。

ここは利が乗ったからと言っていつまでも伸ばしては間もなく大きなトップが待ち構えているので、そこで決済の判断が大切です。

 

そして次に大きなトップに来たところ。ここでは短い15分足の動きを注視しながら逆張りの売りエントリーです。

わたしは安全を期して①のMODEを実体が下抜けたのを確認してショートしました。

狙いは③MODEか④MODになります。

直近の波が上方で来ているので、その波の半値辺りに③MODEが来ているので安全策ならそこで決済ですね。

ここまで約50から60ピップほどの利益です。

 

もっと深くを狙う方は波の深い④MODEまで。直近に何度もサポートされてるのでここで決済が最終でしょう。

ここまでなら80から90ピップの獲得です。

nadia

 

今日は天底を狙うデイトレードを解説してきました。

初心者の方はとかく短い足だけでトレードしようとかが多いのですが、相場で安定した成果を上げ続けるのなら、長い足で大きな流れとポテントを掴んで、そして短い足の動きでタイミングを計るトレードを心がけてください。

そうすれば案外天底トレードも狙いやすくなりますよ。

 

指標トレードPa!くんの成績

それでは最後に弁財天のもう一つのトレード、指標トレードPa!くんの昨日の成績です。

昨日は4つの注目指標がありました。これはPa!くんソフトが自動で選んでくれる機能も付いてるので便利です。

もちろんアクティブにトレードしたい方はさの他の指標もトレードできるようになっています。

4つの指標で全勝でしたが、その中で21:30の米国が一番利が伸びました。

昨日の結果はこちらをご覧ください。

Pa!くんを使って居られる人たちの実績はこちらのコミュニティをご覧ください。

3

 

FXトレード動画

オレンジさんが昨日のトレードを動画で解説されてますのでご覧くださいね。

是非参考にされてくださいね。

↓ こちらから

movie 

もし、今回の記事とか動画が少しでもあなたのお役に立てたのであれば

下のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願い申し上げます。 ぺこり 

FX初心者アドバイスで1位に上がりました。皆さまのご協力に感謝です。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

 

 

 

関連記事

  1. FXすばり!!弁財天トレード手法を解説
  2. 【動画】ふふふっ!おぬし見事にかかったな
  3. 【弁財天FX】大きなボトムでのトレード
  4. FXで利益を上げられるスキャルはこれ!
  5. プロトレーダーも納得!初心者こそもっとトレードを簡単に!!
  6. FXは投げてくる場面で乗って行け!【パート1】
  7. FXはシナリオで勝つ。たった1つのこれだけ!【パート1】
  8. 【弁財天FX】MODEでの反発を取りに行くトレード

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

弁財天テクニカル・セミナー

弁財天テクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

  1. 2014.02-03

PAGE TOP