テクニカル講座

FXで軽快なトレードするのに3つの確率を知る【パート3】

こんにちは!peachです♪

FXで快適なトレードするのに3つの確率を知る でシリーズ3回目です。

前回では「確率が中くらいの場面」を実際のチャートから詳しくお話しました。

今回は「確率が低い場面」のお話をしていきますよ。

 

FXトレード場面で3つの確率

もう一度おさらいしますよ。

トレードの場面には3つの確率に分かれます。

・確率が高い場面
 チャンスの場面ですから積極的にトレードしたい場面です。

・確率が中くらいの場面
 初心者は無理にトレードしたくない場面です。

・確率が低い場面
 トレードはしないで静観したい場面です。

この3つの場面を踏まえたうえで、ご自分のトレードに取り入れれば成果が必ず上がってきます。 

 是非とも3つの確率の場面を理解してくださいね。

 

確率が低い場面を知る事で見える効果

この場面を知る事で負けるトレードが断然減ってきます。

この場面はたとえ経験の長い方でもトレードすれば負けの確率が高い場面ですから、
無理に手を出さないようにしてください。

特にFx初心者の方はこんな場面でトレードしてしまって負けることが実は多いので、
良く理解して無駄なトレードを無くすようにしてください。

無駄なトレードが無くなれば、今までやっていたトレードとは違って驚くほど成績が違ってくるのです。

 

 

確率が低い場面

では実際のチャートで解説していきますね。

前回の確率が中くらいの場面をもう一度思い出してください。

大きな足(日足で)トリプルボトムの位置に来ています。
ここで買っていく、そしてより短い足の下落の波がまた継続する位置まで狙っていく。
これが確率が中くらいの場面でしたね。

チャートでオレンジの丸の位置で買っていく場面ですよ。

probability-of-the-medium

 

そしてこの続きです。

大きな足でのトリプルボトムで買い上げられた価格は、今度は短い足の下落の波とぶつかります。

ここは反対方向の勢力が戦う場所です。
・短期足の下落の波を継続させようとする売り勢力(売る人達)と
・それに対して大きな足での反転上昇させようとする勢力(買う人達)が戦うのです。

ここでとても大事な事があります。
それは相場は長い足が勝つか短い足が勝つのかは分からないという事はです。

長い足が必ず勝つのならトレードで誰も負けないはずですよね。
それから長い足が必ず勝つのならトレンドは永遠に一方方向なはずです。
でも実際にはそうではありません。短い足が勝利してトレンドを変えていく事もありるのです。

チャートの赤い丸のところが 確率の低い場面です。

まともに反対の波がぶつかりますから、ここはトレードに参加しないで次に答えが出るまで静観する所です。

low-probability 

 

Fxで勝てないのは?

トレードで成果が出せないという人は、良く見て見たらとんでもない場面でトレードされてるのが多いのですね。

わたしも負け続けてた頃がそうだったので今は良く分かるのです。

成果が出ないというのは負けトレードが多いのです。

だから負ける確率が高い(確立の低い場面)をよく理解されて、
この場面でのトレードを無くしていけばそれまでのトレードが劇的に変わります。

特に初心者トレーダーの頃は勝つ事ばかりに目がいって、鉄板の場面ばかりを追い求めます。
誰もが勝てる場面でトレードしたら変な自信が身に付いてしまって、勝てない場面にも手を出してしまいがちです。

そうしてトレードが訳わからなくなっていくのです。

順番として「確率の低い場面」でのトレードを無くすことから進んでいきましょう。

 

FXトレード動画

オレンジさんが昨日のトレードを動画で解説されてますのでご覧くださいね。

動きが出てない状況の中で短い足に惑わされやすい場面です。

そんな場面でのトレードは中級者以上の方にも参考になると思います。

↓ こちらから

movie 

もし、今回の記事とか動画が少しでもあなたのお役に立てたのであれば

下のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願い申し上げます。 ぺこり 

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

関連記事

  1. FXで結果を出すのに近道な3つの場面 【パート1】
  2. 誰も書かなかったFX、本物のテクニカル 【パート1】
  3. 乱高下の時のトレード
  4. ゾーンで狙うトレードスパンが変わる
  5. MODEを使ったトレード(全足の方向が一致した状況下)ド 【テク…
  6. FXはズバリ!!状況判断です
  7. 重要ポイント 抜けか?切り替えしか?の判断
  8. FXでしっかりとポイントが見えていますか?

コメント

    • TAKU
    • 2015年 2月 10日

    多分、確率度と言う言葉はないと思いますよ。
    内容はすごく為になるのですけど、ちょっと読んでいると気になってしまいコメントさせていただいてます。
    わたしが間違っていたらごめんなさいね。
    でも、恐らく、単純に確率もしくは確度で良いと思います。

      • Venzaiten
      • 2015年 2月 11日

      ご指摘ありがとうございます。

      確かにそんな日本語はないですよね。

      確率に訂正しようと思います。

      ありがとうございました。

  1. 2015年 2月 19日

225先物プロトレーダー養成講座

225先物プロトレーダー養成講座

弁財天テクニカル・セミナー

弁財天テクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP