テクニカル講座

エントリーのタイミング

こんにちは レモン レモンです。

レモンのシリーズ目指せ主婦トレーダー 

 

今日も読者の方からのご質問を取り上げますね。

広島の初心者トレーダー1年目M様。

レモンさんはエントリーのタイミングをどのように見ておられますか?

この質問はMさんだけでなくこれまでにもたくさん来ています。

オレンジさんの動画ではこのタイミングがリアルで見られますのでそちらも参考にしてくださいね。

 

最初に3ステップ

はいこれが一番大前提です。もういつも言ってます弁財天の3ステップ・テクニカルですよ。

① 足の波を見て方向を知る

② 今居る位置の状況(どんな道筋を辿って来たのか?など)

③ ①と②でエントリー方向が決まったら、最後はMODEを使ってエントリー

ここまで決まったら後はMODEに来た時のエントリー・タイミングだけですね。

でもねリアルなトレードの話をすると、タイミングにあまり拘ってはダメですよ。

だってもうこの3ステップまで完璧なんだから、これ以上神経質にならなくてもって感じなんです。

やっぱりリアルにトレードやって少し利益が出るようになった頃から、そんな事が実感で分かってきますよ。

アドバイスは

タイミングにはあまり神経質にならないで。

MODEを少し太めの線だと思ってエントリーに使う

私達スタッフもセミナー生さん達も実際にはこれで稼げていますよ。

 

ローソク足を見る

でもでもこのままで記事終わったら質問をすかしたみたいになるので

私が参考程度に見ているローソク足の形状を書きますね。

形状は参加トレーダーの心理が現れると言いますから。

これらは教科書に載ってる初歩のテクニカルです。

左から

上ひげ陽線

相場が少し弱くなってきた。下落の場面では底打ちか?を暗示する形状です。

上ひげ陰線

弱い相場を表す。上昇の場面では天井か?を暗示する形状です。

下ひげ陽線

強い相場を表す。下落の局面では底打ち反転を暗示する形状です。

下ひげ陰線

上昇の場面では天井から下落を暗示する形状です。

十字線、寄り引け同時線

相場の転換期に出やすい。

12.14c

これらの形状がタイミングを計るのには見ています。

何度も言ってますがあくまでも参考程度で良いですよ。

 

ではでは実際のチャートで見ていってください。

昨日のユーロ円です。

1時間足。赤丸のポイントを解説しますね。

最初の赤丸は

・1時間足方向は下、15分足は上の状況

・最後の波の深いMODEに来ている

絶好の戻り売りポイントですので、この状況からタイミングを計っていきます。

次の赤丸は

・1時間足方向は下、15分足も方向転換してきて下

・15分足転換後に最初に反応したポイント

こちらも条件的に絶好の戻り売りポイント。タイミングを見ていきます。

12.14a

タイミングを計るのだから短い15分足の方が良いでしょう。

最初の赤丸はMODEタッチした足が寄り付き同時線(十字線)で終わりました。

これを確認できたら次の足でエントリーですね。

次の足はMODEタッチした足が上ひげ陰線。

こちらもこれでエントリー。

12.14b

分かりやすいですね。

しっかりMODEに来た足がこのような形状で反転を後押ししてくれてますから。

今日は基本のテクニカルである足の形を使って、エントレータイミングを掴むお話でした。

 

FXトレード動画

こちらは弁財天テクニカルでのトレードを動画で解説しています。

是非参考にされてください。

↓ こちらから

movie 

もし、今回の記事とか動画が少しでもあなたのお役に立てたのであれば

下のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願い申し上げます。 ぺこり 

FX初心者アドバイスで1位に上がりました。皆さまのご協力に感謝です。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村 

 

関連記事

  1. 【入口と出口】を極めた上のレベルのトレード
  2. お待ちいただいてます!【弁財天トレード新システム】
  3. セミナー生用の解説動画を特別一般配布します
  4. 難しい日のトレード これが読めたらもう怖くない
  5. ゾーンで狙うトレードスパンが変わる
  6. FXやってて良かった!天底トレードでの4つの注意点
  7. 急騰後のトレード 【テクニカル講座 動画】
  8. エントリー方法の迷いを解決する ② 【テクニカル講座 動画】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

弁財天テクニカル・セミナー

弁財天テクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP