225先物デイトレードシステム

【日経225先物】弁財天システムトレード 鉄板トレード!!急落後の底打ちを捕まえる

 

クリックいただければ記事を書く励みになります。
👇 ご協力をお願いいたします。

日経225先物ランキング

 

こんにちは レモン レモンです。

レモンのシリーズ目指せ主婦トレーダー 

もしかしたら急落の時の場面が一番難しいトレードなのかもしれません。

・上昇に比べて下落の場合はスピードが速い
・スピードに翻弄される、スピードに引き込まれる
・そして引き込まれて売ってしまう
・一番良くない底打ちのところで売ってしまう

トレードやってる人なら誰もが急落の場面で失敗した経験があると思います。

人は急激な動きには引き込まれて思わず付いて行ってしまう性質を持ってるそうです。

でも相場の性質を良く知ってればこんな失敗はしないようになります。
それは急落でも急騰でもその後は利食いが入っていったんは反転するという性質です。

だから慌てて売り急がないことです。
初心者の頃は慌てて売った所が大体は底打ちの場面が多いのです。

中級者以上になるとそれが経験から分かってきますから、底打ちで売ることはなくなりますね。

更には急落の後にしっかりと買い向かって底打ちを捕まえることができるようになると上級者トレーダーです。

それではレモンと一緒に頑張っていきましょう (^^♪

 

昨日の底打ちでの鉄板トレードです。

【チャートをクリックで拡大されます】

Aの底打ちの場面です。

寄り付きからトレードは上方向で21630円の深いところから上げてきて21700円まで高値更新してきました。

ところがここから急な下げが来て方向転換もしてきましたね。

ここで買い向かうのは難しいですね。
15分足2本での下落でスピードも速いし、下方向だから逆張りになりますしね。

相場の教科書では絶対に買ってはいけない場面と書いてあるはずです。

でもここは重要なレジスタンスがあります。
そして弁財天の「ゆらぎ」サインも出現。

急落の後の底打ちを捕まえる鉄板のトレード場面なのです。

難しい場面だからこそ美味しいトレードが出来るのです。
大半の負けトレーダーが怖くて出来ないトレードだから、少数の勝ちトレーダーが美味しい場面をしっかり捕まえるのです (^^♪

 

日経225先物 (7月5日)

5日はシステムのサインが12回
10回勝ち、2回負けで勝率は83.3%でした。

弁財天方式トレード 損益 +1,710,000円
20円決済トレード  損益 +1,540,000円

 

ではまた次回

 

このトレードは「225先物プロトレーダー養成プログラム」でお伝えしています。
そろそろ本気のトレードを考えてみては如何でしょうか。

 

ライブトレード
毎日 ライブトレード で私たちのトレードをリアルタイムで書き込みしています。

Live Trade掲示板では トレーダーさんの書き込みも自由参加です。
一人でトレードするより仲間と一緒なら楽しいこと請け合いです。

私達と一緒に楽しくトレードしていきましょう。
参加ご希望は お問い合わせ よりお申込みください。

 

クリックいただければ記事を書く励みになります。
ご協力をお願いいたします。

日経225先物ランキング

関連記事

  1. FXで勝率をUPする!「状況判断」を解説します
  2. 【日経225先物】未来と過去を必要としないトレードシステム
  3. 集中セミナー終了に感謝と次の企画へ向けて
  4. 【Like a rolling stone】⑤
  5. 【弁財天トレードFX】6月の成績
  6. 【日経225先物】「なんでやねん?」は美味しい場面
  7. 為替市場におけるマーケットプロファイル手法 【テクニカル講座 動…
  8. トレードで勝つために本当に見るべきものは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

225先物プロトレーダー養成講座

225先物プロトレーダー養成講座

弁財天 FXテクニカル・セミナー

弁財天 FXテクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP