225先物デイトレードシステム

【日経225先物】 底打ちトレードのポイントを知ればもう怖くない

 

クリックいただければ記事を書く励みになります。
👇 ご協力をお願いいたします。

日経225先物ランキング

こんにちは!peachです♪

天底トレードが成功したときは大きな利益を得られます。

それに加えて天底を捕まえた時の喜びはトレーダーなら格別なものだと誰もが分かっていると思います。

でも喜びが大きいけれど天底を捕まえるのは簡単ではありません。
特に強く下落してきたところで底打ちからトレードするのは最も難しい場面です。

今回は底打ちを捕まえるトレードを見ていきましょう。

継続して落ちてきている場面

15分の短い足を見ると前日の天井から継続して下落してきています。
この場面で1のポイントで買うことができるでしょうか?

1はその後結果的には底打ちとなりましたが、下落途中では流石に買えませんよね。

【チャートをクリックで拡大されます】


底打ち候補

では60分足でもう少し全体を見ていきましょう。

7月24日の強い上昇からそれまでのステージから上がって、それ以後はこの上のステージで推移していたのが確認できます。

そして1のポントではこのステージの下限に来たのがこのチャートで分かります。

この段階で1は「底打ち候補」と考えます。

ここで大事なのはあくまでも「候補」ですから、まだ買うのではありません。
確かに買いたい場所に来ているので後はタイミングを計っていきましょう。

【チャートをクリックで拡大されます】

買うタイミングを見極める

もう一度15分足を見ていきます。

1 で底打ち候補まで来ました。
2 その後2まで上げて
3 再度2番底を見に行く動き(下げ)が来ました。

この動きで下落の勢いにクッションが掛かりましたので、出来ればここで買っていきたい状況です。

あと一押し何かサインがあれば完璧です。

実際には3のポイントで「ゆらぎサイン」が出ましたので、ここでロングエントリーとなりました。

底打ちトレードは落ちてきているところを捕まえるのですから、下落にカウンターをあてて買うのは危険です。
勢いに押しつぶされることになります。

いったん跳ね返るのを待って勢いが弱まってからのエントリーが優位性をもたらしてくれるトレードです。

【チャートをクリックで拡大されます】

日経225先物 (7月24日)

24日の弁財天システムサインは3回出ています。

勝トレードが3回、負トレードが0回で勝率は100%
弁財天決済方法では 損益 +1,000,000円
20円で決済方法では 損益 +6600,000円

 

日経225先物 (7月25日)

25日の弁財天システムサインは10回出ています。

勝トレードが7回、負トレードが3回で勝率は70%
弁財天決済方法では 損益 +1,010,000円
20円で決済方法では 損益 +5500,000円

 

日経225先物 (7月26日)

26日の弁財天システムサインは6回出ています。

勝トレードが5回、負トレードが1回で勝率は83.3%
弁財天決済方法では 損益 +420,000円
20円で決済方法では 損益 +720,000円

 

 

このトレードは「225先物プロトレーダー養成プログラム」でお伝えしています。
そろそろ本気のトレードを考えてみては如何でしょうか。

 

ライブトレード
毎日 ライブトレード で私たちのトレードをリアルタイムで書き込みしています。

Live Trade掲示板では トレーダーさんの書き込みも自由参加です。
一人でトレードするより仲間と一緒なら楽しいこと請け合いです。

私達と一緒に楽しくトレードしていきましょう。
参加ご希望は お問い合わせ よりお申込みください。

 

クリックいただければ記事を書く励みになります。
ご協力をお願いいたします。

日経225先物ランキング

関連記事

  1. 【底打ち候補の場面】今日のポイントはここ!
  2. FXやってて良かった!天底トレードでの4つの注意点
  3. その日の重要ポイントを見つける 【テクニカル講座 動画】
  4. 保護中: 【難しい場面!!】ここが状況判断出来ればOK b
  5. Peachのトレード報告 9月28日
  6. 【日経225先物】弁財天システムトレード 本日のポイントと結果!…
  7. どこまで狙うのか? 出口のお話し
  8. Venzaitenの手法とは... 【テクニカル講座 動画】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

225先物プロトレーダー養成講座

225先物プロトレーダー養成講座

弁財天 FXテクニカル・セミナー

弁財天 FXテクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP