225先物デイトレードシステム

【日経225先物】 これが天底トレードの神髄 「チャートの全体像から天井が見えてくる」

 

クリックいただければ記事を書く励みになります。
👇 ご協力をお願いいたします。


先物システムトレードランキング

 

こんにちは!peachです♪

前回の記事では チャートの全体像から底打ちを見る 解説をしました。

今回は逆に全体像から天井を見る解説をしていきたいと思います。

前回の底打ちトレードと同様に天井からの売りも「逆張り」になりますから、安易にトレードすると怪我をします。

必要なのは
・全体像からの情報を得る
・ここまでの流れから状況判断をする
・チャートの動きを観察してエントリータイミングを見つける

初心者の方からすれば
「ずいぶん難しそう」「めんどくさい事するんだな」とか思われる方もおられるかもしれませんね。

でもそう思うのは最初だけです。
テクニカルの使い方はやっていけば自然と身に付きます。

スキルとして身に付けば何でもない簡単なことを毎回同じように考えるのだと分かります。

正しいテクニカルが使えるようになれば10年、20年トレードで稼ぎ続けられるのですから。

全体像から天井になるか?の状況判断

昨日225先物の60分足チャートを見ていきます。

昨日の記事では 5の底打ちポイント の解説をしました。
今日はその流れを受けて上昇し、6まで来たところの判断を見ていきます。

【チャートをクリックで拡大されます】

流れを見ていく

・1~2の上昇は上昇トレンドの波
・2~3の下降は上昇トレンドの中の調整波
・3~4の上昇は上昇トレンドの波(更新した波)
・4~5の下降は上昇トレンドの中の調整波

ここまでの流れは1の底打ちからスタートして、順調に上昇トレンドをキープしてきています。

トレンド継続のためには

ではここからです。

この後も上昇トレンドを継続するためには
5の押し目から上げていって、4の高値を上抜けなければなりません。
ここが大事なポイントとなります。

そしてもうひとつ
高値を超えるためには調整が必要です。
これも大事なポイントです。

状況判断からこの先をトレードしていく

さて5からの上昇で6まで上げてきました。
この先さらに上昇して4の高値を超えるには調整が必要です。

6の場面では横々のレンジ調整の動きから、何度も頭を押さえられているのが見えました。

考えられるこの後の動きは次の2つです。
・このレンジ調整が終わったら再び上昇して高値4を抜いてくる
・レンジ調整では足りずに深い価格調整へと下げてくる

 

チャート動きからトレードを決める

いよいよチャートの動きを追って買いか売りかを決定する段階です。

昨日の寄り付きからがこの判断場面ですが、寄り付く付近はまだどちらに動くのか判断できませんよね。

9:30過ぎのチャートでレンジを下へ割れてきたところで、ここからは深い調整波を狙いに行く売りトレード決定です。

この日は終始下げが続き、結果的にはこの調整波が5の安値を割り込んでしまいましたね。

皆さんからこの1日かけた下げを十分取れたとご報告もいただいております。

 

このトレードは「225先物プロトレーダー養成プログラム」でお伝えしています。
そろそろ本気のトレードを考えてみては如何でしょうか。

 

ライブトレード
毎日 ライブトレード で私たちのトレードをリアルタイムで書き込みしています。

Live Trade掲示板では トレーダーさんの書き込みも自由参加です。
一人でトレードするより仲間と一緒なら楽しいこと請け合いです。

私達と一緒に楽しくトレードしていきましょう。
参加ご希望は お問い合わせ よりお申込みください。

 

クリックいただければ記事を書く励みになります。
ご協力をお願いいたします。


先物システムトレードランキング

 

関連記事

  1. 市場の方向の次はエントリー位置を知る!
  2. 【日経225先物】弁財天システムトレード 今日も元気に鉄板トレー…
  3. 【弁財天式】15分足でのスキャルピング
  4. 【日経225先物】 メジャーSQまで2週間 現在の状況判断
  5. 【日経225先物】弁財天システムトレード トレードを楽しく続ける…
  6. MODEは意志を持ったポイントです【パート4】
  7. 【日経225先物】弁財天システムトレード 鉄板トレード 状況判断…
  8. 【日経225先物】弁財天システムトレード 重要ポイントに絞ったト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

225先物プロトレーダー養成講座

225先物プロトレーダー養成講座

弁財天 FXテクニカル・セミナー

弁財天 FXテクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP