Venzaitenシステム

全トレーダーの何%が勝っているのか?

オレンジです。

全トレーダーの80%が負けているのが相場の世界です。

逆に見れば20%の人が何らかの手法で利益を得ているという事です。
この20%という数字を多いと見るのか、少ないと見るのかは個々の判断でしょう。

20%であれば自分も頑張ればこの中に入れるのではないか?
多分大半の人がそう思われるのだと思います。

しかし現実はそう甘くはありません。

この20%というのは実は「今現在は勝っている人」なのです。
その中には今は偶々ラッキーに勝っているという人も含まれているのです。

今勝っている人がこの先も勝ち続けるとなると、それはかなり難しいものがあります。

私はそういった人達が3ヶ月、3年とやがて相場から消えていくのをこれまで嫌というほど見てきました。
それでも新規参入者が後を絶たないのもあり、常にはこの20%の割合が保たれているのですが。

実際に10年以上勝ち続けているトレーダーは全体の僅か5%です。

誰もが一攫千金を夢見て、花形のトレーダーという職業に憧れてトレードの世界に足を踏み入れます。
しかし最終的には「勝てる手法」を見つけられないままに
「勝つための考え方」を身に着けられないで、やがて95%の人が消えていくのです。

誰もが手軽に利用できるネット状況の中で多くの情報が氾濫する時代です。
そんな中で本当に勝てる手法は一握りしか存在しないのです。

それはたった5%の勝ち組という統計が物語っているものです。

一流企業の部長クラスの年収を、僅か1ヶ月で稼ぎ出すのが5%のプロトレーダーです。

弁財天トレーダの225先物プロトレーダー養成プログラムでは
25年の実績を持つ弁財天トレードが確かな手法を持って、あなたを5%のプロトレーダーに育てます。

 

225先物プロトレーダー養成プログラム

 

毎日 ライブトレード で私たちのトレードをリアルタイムで書き込みしています。

ではまた次回 (^^♪

 

Live Trade掲示板では トレーダーさんの書き込みも自由参加です。
一人でトレードするより仲間と一緒なら楽しいこと請け合いです。

私達と一緒に楽しくトレードしていきましょう。
参加ご希望は お問い合わせ よりお申込みください。

 

FXトレード動画

こちら弁財天テクニカルでのトレード動画は、オレンジがリアル・トレードや解説を行っています。
配信は不定期になります事をご了承ください。

↓ こちらから

movie 

関連記事

  1. これが天底トレードの真髄!!【パート9】
  2. 中期ポイントでの短期逆張りトレード 【テクニカル講座 動画】
  3. 本日のトレード解説
  4. 【日経225先物】基本中の基本。方向転換を狙え!!
  5. 逆方向ブレイクに乗るポイント
  6. 日経225先物&FXライブトレード11/12
  7. 日経225先物&FXライブトレード8/10
  8. 【いつもの場面だ!】ハンドルを利用してトレードしよう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

日経225先物プロトレーダー養成セミナー


これが225マジック!!弁財天トレード27年の集大成。

益々先行きの見えない世界情勢の中で生き残るためには

確実なスキルが必要です。安定した収入、環境に左右さ

れない仕事、どこにも雇用されない自由なワーク、

そして豊かな人生にトレードは最適です。

日経225先物&FXライブトレード毎日開催


弁財天トレードでは私達のトレードを毎日リアルタイム

で書き込みしています。実際に動いている市場でのエン

トリーから決済を参考に皆さんのトレードスキルを向上

してください。

ライブトレードのご利用が常勝トレーダーへの近道です

おすすめ記事

日経225先物システムトレード【弁財天】MODEサインで波乗りスキャルピング!!1

弁財天システムトレードこんにちは  レモンです。レモンのシリーズ目指せ主婦トレーダー &…

【日経225先物】トレードする時間がない?それなら大きなポイントで効率の良いトレードで稼ごう【3】

こんにちは  レモンです。レモンのシリーズ目指せ主婦トレーダー 時間が限られている人の為のト…

FXシステムトレード【弁財天】2019年9月の成績

FXシステムトレード 9月の成績レモンのシリーズ目指せ主婦トレーダー 皆さんはトレードで出た…

FX午前中だけで稼げる方法とは?

こんにちは  レモンです。レモンのシリーズ目指せ主婦トレーダー 私がずっと言い続けてるトレー…

日経225先物&FXライブトレード 2020年5月11日

5月11日(月)トレード結果週明けは窓空け上昇での寄り付きでした。そして日中セッションはボラ…

PAGE TOP