日経225先物、FXトレード24年の実績 弁財天トレード HOME    LINK    お問い合わせ

225トレーダーの1日


朝の日課   寄り付き前   午前のトレード   ランチ・ブレイク   午後のトレード   アフター・トレード


8:45 寄り付き

この時間帯は一日の中で最も動きが激しい。
動きが読みにくいがチャンスは大きい。
ナイトセッションからの流れからトレンド方向と寄り付き位置から朝一番のトレードを仕掛けていく。
ここでの成果が一日のトレード心理を左右するだけに確実に利益をものにしたい。
この時間だけでその日の目標を達成できたなら後は気ままに
ビール・ランチへと出かける事もできるのだから。





 

もしかしたらトレード中のMUSICは勝敗を決める重要なアイテムかもしれない。
軽快なSAXのリズムは寄り付きの激しい動きにピッタリフィットする。
まだ十分に回りきっていない志向に適度な刺激を与えてくれる。
  
9:00-10:00 ブレイク・アウト

ブレイクを狙うトレードではIR(イニシャルレンジ)や重要な高値・安値を使うのが一般的だ。

決まった時は短時間で利益を狙えるので好まれる手法だが、意外に簡単ではないトレードでもある事を忘れてはならない。

抜けのポイントに過去からの抵抗があるのかなどの確認で、このトレードの制度を高めていく。


10:00 リバース・プレイ


IRブレイクもそうだが、重要な抵抗ポイントでは売り手と買い手の強い攻防があるものだ。

ブレイクアウトを戦術とするタートル系のトレーダー達が順張りで頭をもたげてきたところを、逆にスープにして食ってしまおうとする逆張り派が待ち構えていることを常に忘れてはならない。

トレンド方向を把握した上で、そのポイントは順張りで行くのか逆を仕掛けるのかのサインを見間違えないように。



モニターとにらめっこする仕事を終えたら気持ちのon・offを切り替えにステアリングを握る。
今どきの時代ではあるが車には少しこだわりを持っている。
トレーダーとはそういう生き物か?





225先物プロトレーダー養成プログラム
FXテクニカルセミナー
オフィシャルblog
 



●日経225先物 ●225オプション ●FX ●投資コンサルタント ●トレード・システム開発

Copyright(C)Venzaiten CO,LTD.ALL RIGHTS RESERVED