テクニカル講座

あなたのテクニカル度テスト

こんにちは レモン レモンです。

レモンのシリーズ目指せ主婦トレーダー 

 

テクニカル・テスト

いきなりなんだけどこのチャートを見てもらいますよ(^^♪

直近のポンド円15分足です。

このチャートから状況を読んで①~⑦まででトレードできるポイントは有るでしょうか?

状況判断は

・1時間青い波(下方向トレンド)の中で小さく波を描いて上げていっている

・日足、4時間の大きな足も下方向トレンド

12.22

どうですか?

これがきっちり答えられたらあなたのテクニカル度はばっちしですよ。

 

ポイント解説

ではでは順番に見ていって解説していきますよ。

一番の基本は下トレンドに中にいるから、上の青か赤のライン(MODE)まで引き付けて

そこから戻り売りするのが良いのです。

でもじゃあそこまではじっと我慢して待ってるだけなの?って事になりますね。

ううんそんなに待たなくてもトレードできるポイントは有るのです。

①のポイント

ここはまだ波の浅い戻りだし特に売れるラインもないので無理なんです。

すぐ前の小さな高値も上抜けて来たしね。

②のポイント

①が2番目に形成したちいさな高値だからここは押し目買いも良いかもしれない?

でも大きな下げの後の戻り売りから2番底を見に行く動きでこのまま下げていくかも?

の可能性が有るのでやっぱりここは買えないのです。

③のポイント

ここまで上げてきてようやく過去の抵抗があるので売るのはどうかしら?

良いと思います。

ただ小さな波が高値切り上げできているので(ダウ理論)あまり深くは狙えないと

思った方が良いでしょう。

直近の小さな安値の手前くらいまでが安全ですね。

④のポイント

ここは買えるのか?

はい何度も言ってます小さな波が切り上げて上向きなので買えます。

ただでもやっぱりここも条件付きなんですね。

トレンドに逆らう逆張りだから狙うのは直近高値の手前まで。

⑤のポイント

ここはどうでしょうか?

③と同じポイントですから売れるのでは?

ここはこれまでの流れを見ると少しづつ切り上げて、小さな上昇の動きを継続してきています。

だから③よりももっと売りは慎重に気を使います。

ただ③で既に反応を見ているのだから売れるのです。

という事でここでは少し動きを見ながら頭を何度か押さえられるような動きから

売っていきたいのです。

⑥のポイント

ここで考えるのは④と同様に買っていけるのか?だと思います。

確かにここまでも切り上げてきてるので買おうかと思うのだけど、

⑤をヘッドに小さなヘットアンドショルダーを形成してるのを見逃さないでね。

これって天井のパターンなんだけど。

難しいとこなんです。

⑤が特に天井候補というほどのポイントではないから、ここは判断しづらいの。

だからあえてトレードする事はないポイントだと思います。

⑦のポイント

ここが今回の最大の難所なのだ!!

ここまで来て高値を切り上げられない、横々の動きになりつつある。

このまま更に横々調整が続いてその後にもう一段上へ。

それかここからもっと深く押してくるのか?

一番難しいポイントです。

とにかく横々が続いたら判断がもうお手上げになってきます。

⑤が強い天井候補なら絶好の売り場なんだけど・・・

という事でここはやや売り目線。売るなら早めに。

そしてやばい!動きになったら逃げる覚悟で。

 

いかがでしたか?

こんな状況下の中で小さなポイントを見ていくにもテクニカル度が分かりますよ。

ではまた次回。

 

FXトレード動画

こちらは弁財天テクニカルでのトレードを動画で解説しています。

是非参考にされてください。

↓ こちらから

movie 

もし、今回の記事とか動画が少しでもあなたのお役に立てたのであれば

下のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願い申し上げます。 ぺこり 

FX初心者アドバイスで1位に上がりました。皆さまのご協力に感謝です。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村 

 

関連記事

  1. サポート・レジスタンスはどう機能するのか?
  2. FXで軽快なトレードするのに3つの確率を知る【パート3】
  3. 難度の高いトレード 急落場面 【テクニカル講座 動画】
  4. 弁財天トレードの特徴
  5. FXで勝つのは、ズバリこれ!!MODE to MODE 【パート…
  6. どこまで待つの?そんなFXはもう卒業しよう
  7. 違う違う!そのトレード間違っていませんか?
  8. 【弁財天FX】トレード・タイミングの取り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

弁財天テクニカル・セミナー

弁財天テクニカル・セミナー

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP